• 印刷する

東方政策40周年、公式ロゴを発表

マレーシア貿易産業省は13日、日本を手本とするマレーシアの「ルックイースト(東方)政策」が始動してから今年で40周年となるのを記念して公募していた公式ロゴのデザインを発表した。

同省によると、昨年10月26日~11月20日に実施したデザインコンペには171作品の応募があった。

貿易産業省や外務省、公共サービス局(PSD)、在マレーシア日本大使館の代表者で構成される審査委員会は、満場一致でクアラルンプール在住のクー・コンヘンさんの作品を選出した。日本とマレーシア両国の国旗の色をあしらったデザインは、両国の経済・社会面での強い結び付きを表しているという。

1982年に始まった東方政策で、マレーシアと日本は貿易や投資、人材育成などの面で協力を深めてきた。貿易産業省によると、過去40年間で2国間貿易額は4倍近くに拡大した。

■記念事業の公募開始

日本、マレーシア両政府はまた、東方政策40周年記念事業の公募も始めた。在マレーシア日本大使館によると、2国間関係に焦点を当てた行事やプロジェクトの企画書を募集する。

記念事業として採択されると、「東方政策40周年」の名称および公式ロゴを使用できる。

応募に関する詳細は在マレーシア日本大使館のサイト<www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_11012022.html>で確認可能。

171作品の中から選ばれたクー・コンヘンさんのデザインによる東方政策40周年の公式ロゴ(貿易産業省提供)

171作品の中から選ばれたクー・コンヘンさんのデザインによる東方政策40周年の公式ロゴ(貿易産業省提供)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

22年の新車市場60万台と予測 自動車協会、コロナ前の水準回復(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

入国後隔離5日に短縮、ブースター接種で(01/21)

新規感染3764人、累計282.1万人(01/21)

政策金利1.75%で据え置き、9会合連続(01/21)

RM1=27.3円、$1=RM4.19(20日)(01/21)

テクスケム、スシキン株を吉野家から取得(01/21)

メイド雇用の覚書で詰めの協議、インドネシアと(01/21)

証取、取締役会の独立性向上へ上場規則改定(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン