中国恒大が本社移転、運転資金捻出へ

【北京共同】経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団は10日、広東省深セン市の本社から昨年12月に退去したと発表した。主力の不動産部門の子会社が公告を出し、「経費節減が目的」と説明した。当面の運転資金を捻出する狙いとみられる。同市内の自社物件に移転したとみ…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 金融建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

4月のCMP原材料輸入、3.4倍に増加(12:24)

LPR5年物引き下げ、中長期融資促す(18:53)

上海、5月末から「リスク地域指定」に移行(20:28)

コロナ国内感染、21日は157人(11:18)

コロナ国内感染、20日は181人(05/21)

コロナ国内感染、19日は176人(05/20)

セポン鉱山、新たな地下金鉱の開発事業始動(05/20)

コロナ国内感染が縮小 無症状は1000人割り込む(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン