武警の前副参謀長、香港駐屯軍の新司令官に

中国人民武装警察部隊(武警)の前副参謀長で、新疆ウイグル自治区の武警総参謀長を務めた経歴を持つ彭京堂少将が、中国人民解放軍香港駐屯軍の新しい司令官に就任した。中国国営新華社電が10日伝えた。 武警幹部からの香港駐屯軍司令官の起用は初めて。2019年から同司令官を務め…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

指定検疫ホテル2.3万室に 2カ月で3.8倍、入境者増に対応(05/27)

新たに251人感染、前日から横ばい(05/27)

ドンキ「鮮選寿司」、小西湾に3号店(05/27)

キャセイ乗組員、アプリに全活動の記録義務(05/27)

訪日観光6月10日解禁、ツアー客から(05/27)

MTRC、鉄道と不動産に1千億ドル投資(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン