• 印刷する

テイクオフ:韓国では聖地巡礼ならぬ…

韓国では聖地巡礼ならぬ「パン地巡礼」がはやっている。全国の人気ベーカリーを訪れてパンやケーキの写真をソーシャルメディアに共有するもので、コロナ禍の渡航制限から生まれた新しいレジャーだ。

2014年に韓国留学をしていた頃、ソウル市内のおいしいパン店は限られていた。個人経営の店はもちろん大手チェーンも味はいまいちで、種類も少なかった。しかし近年では、欧米で修業したパン職人による本格ベーカリーや、食パン1斤1万ウォン(約960円)以上の高級店などが全国に増え、味だけでなく「映える」パンも多い。

以前は韓国旅行といえば焼き肉やビビンバなど、伝統的な韓国料理を楽しむ人が大部分だったが、最近は若い女性向けに韓国のベーカリーやカフェを紹介するサイトも人気だ。新型コロナが収束した際には、韓国でパン地巡礼はいかがだろうか。(瑞)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者1万4518人、過去最多を更新(10:16)

ブースター接種25.2万人増、接種率50.7%(10:16)

テイクオフ:韓国の国会議事堂の地下…(01/27)

重大災害法きょうから施行 事故多発で改善、日系にも負担(01/27)

新規感染者1万3012人、初の1万人超え(01/27)

韓国サムスン、交通インフラへの投資に関心(01/27)

ブースター接種24万人増、接種率50.3%(01/27)

LGエナジー、GMと米に第3電池工場(01/27)

住宅との複合、工業団地開発の主流に(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン