• 印刷する

ペトロナス、サバ州の石油・ガス開発計画策定

マレーシアの国営石油ペトロナスは4日、サバ州政府と連携し、同州の石油・ガス開発に関するマスタープラン(基本計画)を策定したと発表した。液化天然ガス(LNG)プラントの設置などを進め、サバ州への投資機会を拡大する狙い。

ペトロナスとサバ州政府は先月7日、同州の石油・ガス産業の発展に向けた商業協力協定を締結していた。マスタープランによると、ペトロナスは同州シピタンのサバ石油ガス産業団地(SOGIP)にLNGプラントを建設する。年産能力は200万トンで、原料となる天然ガスは州内のガス田から調達する。同施設は2026年末までに稼働する見通しだ。

マスタープランにはこのほか、州政府が日量1億2,000万立方フィート(約340万立方メートル)相当の天然ガス供給を主導することや、石油化学製品の先物取引導入などが盛り込まれた。

マスタープランの策定について、ペトロナスのモハド・バッケ・サレー会長は「サバ州の天然ガス産業を持続的に発展させ、国家の成長に寄与するため、州政府と強固な関係を構築していきたい」とコメント。ハジジ・ノル州首相は、石油・ガス産業のインフラ整備などに関するペトロナスの協力姿勢に謝意を表明した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 化学天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

ハラル認証の骨セメント投入 Kパワー、医療分野で事業拡大(05/27)

新規感染2430人、4日ぶり2千人超(05/27)

マレーシア企業、シングポストのEC買収(05/27)

RM1=28.8円、$1=RM4.40(26日)(05/27)

マ航空、以遠便に国内フライト無料の特典(05/27)

川崎汽船、ペトロナス向けLNG船を竣工(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン