• 印刷する

《安全》感染者3899人、オミクロン2千人超に(5日)

タイ政府の新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は5日、新型コロナの感染者が新たに3,899人確認されたと発表した。前日から808人増え、昨年12月12日以降で最多となった。新型コロナの新変異株「オミクロン株」の感染者は、5日時点で累計2,338人となった。同株の感染者は急増しており、4日だけで276人の感染が確認された。

市中感染者は3,662人。68人は刑務所・拘置所で確認され、169人は海外からの帰国・入国者だった。死者は19人で、5日連続で20人を下回った。

市中感染者を地域別にみると、東部チョンブリ県が529人。2日連続で首都バンコクを超えた。バンコクが408人で次ぎ、東北部ウボンラチャタニ県が315人、バンコク東郊サムットプラカン県が259人、東北部コンケン県が164人で続いた。

死者は17~88歳の女性11人、男性8人。地域別では、北部チェンライ県が4人と最も多く、バンコクが3人で続いた。

累計の感染者は223万9,475人、回復者は前日から2,508人増えて218万2,829人。死者は2万1,769人となった。

4日には2,826人が1回目のワクチン接種を、7,411人が2回目の接種を完了。1万44人が3回目となるブースター(追加)接種を受けた。累計の接種回数は1億454万4,852回となった。

■1~4日の入国者3.3万人

CCSAによると、1~4日にタイに入国した人は3万2,627人。このうち日本を含む63カ国・地域を対象とする隔離免除入国「テスト・アンド・ゴー(Test&Go)」が1万9,311人で、全体の6割を占めた。観光地で実施されている「サンドボックス」が1万767人、隔離ありの入国が2,549人だった。同期の入国者のうち、入国後のPCR検査で陽性判定を受けたのは605人。陽性率は1.85%だった。

CCSAは、テスト・アンド・ゴーとサンドボックス(プーケット・サンドボックスを除く)の新規受け付けの停止期間について、7日に最終決定を下すとした。

■パニックに陥る必要なし=医師

アヌティン副首相兼保健相は4日、年末年始の連休中に感染対策を徹底しなかった人がいるほか、一部の娯楽施設が営業を再開したことから、連休明けに新規感染者が増加傾向にあると指摘した。ネーションが同日伝えた。

アヌティン氏によると、一部の娯楽施設は「飲食店」として事業登録し直し、営業を再開。これらの店舗が感染対策を徹底しているか確認せずに営業を許可した当局にも責任があるとした。

一方、バンコクにあるウィチャイユット病院の呼吸器専門のマノーン医師は、オミクロン株の感染拡大に伴い新規感染者が増加傾向にあるが、「パニックに陥る必要はない」とコメント。新型コロナワクチン接種完了者の間でも感染が広がり、新規感染者が急増する恐れがあるが、それにより集団免疫を獲得し、パンデミック(世界的大流行)は収束に向かう可能性があるとの見方を示した。


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

3空港高速鉄道、来年1月に着工見通し(06/24)

電子部品の余剰在庫ゼロへ 商社コアスタッフ、委託販売開始(06/24)

新規の感染者2299人、死者は18人(23日)(06/24)

〔アジア人事〕ゼロなど(06/24)

5月車輸出は3%減の7.7万台、バイクは増(06/24)

5月の車生産は8%減、乗用車が不振(06/24)

ラオスから電力輸入開始、4カ国間取引で(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン