大気汚染抑制へ鉄鋼減産、青空確保を優先

【北京共同】中国政府は2~3月開催の北京冬季五輪・パラリンピックの期間中、大気汚染を抑え込むために北京と周辺地域の製鉄所での大幅減産を決めた。経済活動の鈍化を招きかねないが、国際社会が注目する五輪を青空の下で迎えることを優先させる。 製鉄所は火力発電所と並んで…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

上海市、リスク地域からの訪問者に隔離措置(17:23)

コロナ国内感染、28日は54人(11:24)

コロナ国内感染、26日は80人(05/28)

コロナ国内感染、27日は71人(05/28)

国営製鉄、高炉再稼働に向け中国宝武と覚書(05/27)

ラオス中国鉄道、6月下旬に物流施設と接続(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

収束傾向が全国的に鮮明 地域縮小、感染者も減少(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン