• 印刷する

ヒンズー教徒比率、初の80%割れ=国勢調査

インド内務省が25日に発表した「宗教国勢調査2011」で、ヒンズー教徒の人口比率が初めて全体の80%を下回った。一方、イスラム教徒の比率は拡大している。

国内人口12億1,085万人のうち、ヒンズー教徒は9億6,626万人となり、全人口に占める比率は79.8%だった。イスラム教徒が1億7,225万人(人口比率は14.2%)、キリスト教徒が2,782万人(同2.3%)、シーク教徒が2,083万人(同1.7%)、仏教徒が844万人(同0.7%)、ジャイナ教徒が445万人(同0.4%)と続く。一方、宗教を信仰しない人の数は793万人だった。

ビジネス・スタンダード(電子版)によると、人口全体に占めるヒンズー教徒の比率は1991年が82.4%、2001年が80.5%と、国勢調査を重ねるごとに減少傾向にある。一方、イスラム教徒の比率はそれぞれ11.7%、13.4%と増加傾向だ。

今回の国勢調査は、インド政府が14年初めに調査結果をまとめた。ただ、同年5月に総選挙が控えていたため、発表が先送りされていた。


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

パーム油の輸入制限で波紋 リスク懸念でマレーシア産回避(01/17)

貿易収支、12月は113億米ドルの赤字(01/17)

アウディ、今年はガソリン車のみ販売(01/17)

アウディ中古車部門、19年の販売数は3割増(01/17)

ヒマチャルに新空港、航空局と州政府が覚書(01/17)

高速道路22本、25年までに開通=道路相(01/17)

ビスタラがデリー―カトマンズ便、来月から(01/17)

マースク、中東への農産品低温輸送に成功(01/17)

アマゾンCEO、印に10億ドルの投資表明(01/17)

マヒンドラ社長が訪韓、双竜への投資確定か(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン