• 印刷する

ヒンズー教徒比率、初の80%割れ=国勢調査

インド内務省が25日に発表した「宗教国勢調査2011」で、ヒンズー教徒の人口比率が初めて全体の80%を下回った。一方、イスラム教徒の比率は拡大している。

国内人口12億1,085万人のうち、ヒンズー教徒は9億6,626万人となり、全人口に占める比率は79.8%だった。イスラム教徒が1億7,225万人(人口比率は14.2%)、キリスト教徒が2,782万人(同2.3%)、シーク教徒が2,083万人(同1.7%)、仏教徒が844万人(同0.7%)、ジャイナ教徒が445万人(同0.4%)と続く。一方、宗教を信仰しない人の数は793万人だった。

ビジネス・スタンダード(電子版)によると、人口全体に占めるヒンズー教徒の比率は1991年が82.4%、2001年が80.5%と、国勢調査を重ねるごとに減少傾向にある。一方、イスラム教徒の比率はそれぞれ11.7%、13.4%と増加傾向だ。

今回の国勢調査は、インド政府が14年初めに調査結果をまとめた。ただ、同年5月に総選挙が控えていたため、発表が先送りされていた。


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1.7兆ルピーの支援策 貧困層に食料、新型コロナ対策(03/27)

緯創が世界分散生産へ、10億米ドル投資(03/27)

国際線の運航停止、4月14日まで延長(03/27)

新型コロナ専用病院、17州で選定へ(03/27)

公営銀行各行、緊急融資枠の提供を発表(03/27)

新たに52人感染、計683人(26日)(03/27)

再建中のイエス銀、1千億ルピー調達の公算(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン