人民元3年7カ月ぶり高値、1ドル=6.3元台

【上海共同】8日の中国・上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで上昇し、通常取引の終値(日本時間午後5時半現在)が前日比0.23%高の1ドル=6.3535元をつけた。2018年5月以来、約3年7カ月ぶりの元高水準。 市場関係者によると、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

ロームの天津工場、稼働を一部再開(18:37)

マッチング市場が拡大 恋愛・結婚多様化、80億元規模に(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

春節連休のエネルギー不足阻止へ、常務会議(01/21)

2カ月連続の利下げ、過去最低の3.7%(01/21)

工情省、工業の安定成長が今年の最重要課題(01/21)

ネット企業の不正競争に規制強化、発改委(01/21)

国軍、北部パイプライン沿いに地雷を設置(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン