• 印刷する

ヨシムラ・フード、食品不動産管理社を買収

食品製造・販売のヨシムラ・フード・ホールディングス(東京都千代田区)は8日、シンガポールで食品関連の不動産管理会社シャリカット・ナショナル・フードを買収すると発表した。現地子会社の拠点を集約し、事業を拡大していく計画の一環となる。

シンガポール子会社で海外事業を統括するヨシムラ・フード・ホールディングス・アジアを通じ、シャリカット社の株式7割を327万6,000Sドル(約2億7,300万円)で取得する。株式譲渡予定日は今月17日だ。

残りの株式3割は、シャリカット社の親会社シャリカット・ナショナルが引き続き保有する。同社とは協業関係を構築し、不動産管理業のノウハウを受け継ぐ。2024年12月にはシャリカット社の残りの株式を買い取り、完全子会社化する計画だ。

シャリカット社は、シンガポールで食品工場兼食品用低温倉庫を1棟所有し、不動産賃貸事業を手掛ける。この施設をグループ企業や第三者に賃貸しており、ヨシムラ・フード・ホールディングス・アジアや同社の傘下企業も一部を賃借している。

シャリカット・ナショナルがグループ再編を実施するのに伴い、ヨシムラ・フード・ホールディングス・アジアがシャリカット社の株式を譲り受けることになった。

ヨシムラ・フード・ホールディングス・アジアは、シンガポールでグループ企業4社を傘下に置いている。4社は、すしを製造するJSTTシンガポール、水産品卸売りのシンヒン・フローズン・フード、水産品加工・販売のパシフィック・ソルビィ、シンガポールやマレーシアで厨房(ちゅうぼう)機器の製造・販売・メンテナンスを手掛けるNKRコンチネンタルだ。

今回の株式取得に伴い、JSTTやパシフィック・ソルビィはシャリカット社が所有する施設へ本社・工場を移転する。これによりヨシムラ・フード・ホールディングス・アジアと傘下企業4社を1つの拠点に集約してグループ内での連携を高め、物流費用の削減や賃借料の内製化を見込む。

JSTTは、取引先であるスーパーマーケットから取引量の増加、新規見込み客のスーパーから取引開始の打診を受けているが、既存工場のスペースが不足している。シャリカット社が所有する施設へ移転することで工場スペースを拡張できるため、将来的な売り上げ増が期待できる。

ヨシムラはこのほか、シャリカット社が第三者への賃貸を継続して賃貸収入を得ることで、連結損益上の収益増加を見込む。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地で一戸建て住宅の所…(01/19)

多言語翻訳「Kotozna」、ホテルで試験導入(01/19)

ASEAN向け日本留学フェア開催、岡山大(01/19)

シンガポール航空、12月の旅客急増(01/19)

港湾の船舶用燃料供給量、中国系が1位に(01/19)

OCBC銀行、詐欺被害の顧客に返金対応(01/19)

ワクチン副反応の入院保障、適用を1年延長(01/19)

宅配ニンジャバン、窓口を2000カ所に拡大へ(01/19)

新規感染1165人、1カ月半ぶり千人台(17日)(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン