• 印刷する

国際定期旅客便は15日再開、運輸省方針

ベトナム運輸省はこのほど、特別便のみの運航を認めている国際定期旅客便の受け入れについて、今月15日から試験的に再開させる方針を固め、計画案をファム・ミン・チン首相に提出した。航空業界などからの要請を受け、来年1月から段階的に再開させる当初方針を一部改め、日本を含めた一部の国・地域を対象に前倒し実施する。

運輸省があらためて提出した国際定期旅客便の再開計画案は2段階からなり、第1段階は15日から開始予定。東京(日本)や北京(中国)、ソウル(韓国)、バンコク(タイ)など10都市からの便に限定し、受け入れる空港もタンソンニャット空港(ホーチミン市)とノイバイ空港(ハノイ市)の2カ所のみとする。各路線は週4便が上限となる。

来年1月には第2段階に移行する計画で、香港やクアラルンプール(マレーシア)、パリ(フランス)など6都市を新たに対象に追加し、定期旅客便を受け入れる空港はダナン空港(ダナン市)、カムラン空港(カインホア省)、フーコック空港(キエンザン省)、バンドン空港(クアンニン省)を加える。各路線は週7便が上限となる。

■「隔離なし」入国を要請

運輸省は国際定期旅客便の乗客を、新型コロナワクチンを規定回数以上接種した人やコロナ感染から回復した人で、入国前72時間以内のコロナ検査で陰性だった場合は、入国後の集中隔離を免除することを求めている。現在の規定では入国から7日間の集中隔離が必要となる。

同省は、隔離免除の実施条件などの策定および発表については、保健省を担当に任命するようチン首相に提案した。

外務省によると、年末年始やテト(旧正月、2022年は2月1日が元日)に向けて海外在住ベトナム人の帰国需要が高まっており、外国人のビジネスや観光目的での訪問需要も引き続き多いという。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

資源再生で生産者に重い責任 改正法細則、24年から適用へ(01/25)

(表)EPR規定における最低リサイクル率(01/25)

オミクロン国内感染、ホーチミンで追加2例(01/25)

(表)新型コロナウイルス感染者数(24日)(01/25)

IT大手FPT、21年は2割の増収増益(01/25)

【日本の税務】現地スタッフ採用時の文化的配慮について(01/25)

不動産コーテラスやTBSで合弁、協定締結(01/25)

ケッペル、ハノイで住宅開発事業の権益取得(01/25)

公共投資増大で土木建設部門に恩恵、関係者(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン