兼松が乳業チモリーに出資 30億円、食品販路を拡大へ

兼松は7日、インドネシアで「チモリー」ブランドの乳製品を生産販売するチサルア・マウンテン・デイリー(チモリー)の株式を取得したと発表した。出資額は約30億円。兼松は2012年からチモリーと合弁で加工食品の生産を手掛けており、今回の出資を機に、今後さらに食品事業の販路…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 食品・飲料金融小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

21年のPE投資額、東南アは250億米ドル(21:57)

入国時、出発前PCR検査の陰性証明不要に(21:55)

補助金燃料・電力の値上げを否定、エネ鉱相(21:50)

大統領への満足度58%、15年以来の低水準(21:50)

【アジアエクスプレス】デニム輸出が拡大 パキスタンの躍進(19:22)

【アジア本NOW】『「帝国」ロシアの地政学 「勢力圏」で読むユーラシア戦略』(19:22)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第8回) スマホが変えるアジアの都市(05/18)

テイクオフ:インドネシアは秩序整然…(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン