• 印刷する

22年の経済成長率5.3%、社会科学院が予測

中国政府系シンクタンクの中国社会科学院は6日、中国の2022年の実質経済成長率が前年比5.3%前後になるとの予測を示した。21年は8.0%の成長率になるとみている。中国証券報(電子版)などが伝えた。

この日発表した経済白書の中で触れた。22年は鉱工業生産額(付加価値ベース)が5.6%増、小売売上高が6.5%増、固定資産投資は5.5%増になると予測。固定資産投資のうち、不動産投資は3.8%増、製造業投資は6.0%増、インフラ投資は5.0%増と見通した。米ドルベースで見た輸出は6.0%、輸入は10.4%それぞれ増えるとみている。

消費者物価指数(CPI)の上昇率は2.5%、工業出荷価格指数(PPI)は同5.0%にそれぞれ設定した。

21年の予測値は、◇鉱工業生産:9.6%増◇小売売上高:12.1%増◇固定資産投資:4.5%増◇輸出:30.2%増◇輸入:28.0%増――など。

22年の主要経済指標は固定資産投資を除き、全て前年を下回る伸び幅となる。固定資産投資はインフラ投資の伸び幅(21年:0.3%、22年:5.0%)が拡大し、全体を押し上げる見通し。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: その他製造建設・不動産小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

外国投資3割減、10~12月 2四半期連続で水面浮上ならず(01/25)

テイクオフ:「あなたは江蘇だからま…(01/25)

平均月給が初の1万元超え 主要都市調査、人材獲得競争で(01/25)

国際郵便介した感染警戒、配送に遅れも(01/25)

(表)新型コロナウイルス感染者数(24日)(01/25)

コロナ国内感染、8省市で18人(01/25)

【日本の税務】現地スタッフ採用時の文化的配慮について(01/25)

春節連休の旅行、省内が全体の65%(01/25)

太陽光パネル世界出荷、中国企業が上位独占(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン