• 印刷する

テイクオフ:下宿のロビーに飾られた…

下宿のロビーに飾られたクリスマスツリーを見て、もう12月なのかと驚く。日が暮れるのが早くなり、寒さで年の瀬を感じる日本とは異なり、「毎日暑いなあ」と言っているとすぐに1年がたってしまう国だ。

インドネシア人の知人は、そのときによく食べていた果物からだいたい何月ごろの出来事かを思い出すことができるらしい。スーパーは季節外れの輸入品の果物も多い。旬の果物と季節を結びつけるには、伝統的な市場によく足を運ぶのがよいという。教えられたとおり、近くの市場まで散歩してみるが、既に商品はほとんど売り切れ。ぶら下がっていたバナナを1房買ったが、知人は「バナナは一年中ある」とおすすめではないようだ。

歩いて一汗かいたので、この時期限定のクリスマスカラー包装のビールを飲む。外の生ぬるい熱気が、「年末」というイメージを吹き飛ばす。(高)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:非代替性トークン(NF…(01/26)

グラブ、22年に電動車両1万4000台投入(01/26)

チスムダウ高速道、セクション1が開通(01/26)

トラベロカ、16都市でタクシー配車サービス(01/26)

東南ア、変異株で成長率を5.2%に下方修正(01/26)

新首都開発費、経済復興予算からは拠出せず(01/26)

豪州への自動車輸出、3月までに開始予定(01/26)

ホンダ、アコードの新モデル発表(01/26)

【食とインバウンド】 拡大を続けるアレルギー対応市場(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン