• 印刷する

テイクオフ:先日、台北市内の某日系…

先日、台北市内の某日系ディスカウントストアを初めて訪れた。オープンしてしばらくたつため、それほど混雑していないだろうと思ったが甘かった。店内は身動きできないほど人であふれていた。

特に目的もなく訪れたが、インターネットで見かけて気になっていた新製品の液体みそや、最近ちょうど食べたくなっていたおはぎなど欲しいものが次々見つかり、山のように買い物してしまった。日本のものが手に入りやすい台北の中でも屈指の品ぞろえ。来店客の熱気がすごく、日本の店舗とは違う雰囲気だった。

一方、同店のファンという知り合いの台湾人男性は、いつも夜中に友人同士で訪れ、特に何か買うでもなくふらふら見て回っているという。確かに24時間営業だし、深夜なら混雑もましだろう。日本の店舗の雰囲気でゆったり見たければ、夜遅くの来店が良さそうだ。(屋)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾で話題のネットフリ…(01/20)

三菱UFJ、環境融資に注力 台湾上場企業など7社に600億円(01/20)

【アジア本NOW】『K−POP時代を航海する コンサート演出記』(01/20)

新型コロナの域内感染、19日は10人(01/20)

高力熱処理工業、従業員2人が感染(01/20)

ヒーロー、台湾の電動二輪ゴゴロに出資(01/20)

入境手続き前のコロナ検査、インドなど追加(01/20)

台北市、小中高校の冬休みイベントを禁止(01/20)

聯発科技が6G白書、27年にも標準規格発表(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン