【為替・金利】マレーシアの為替・金利動向と展望・12月

◆2021年11月の動向 11月の対米ドル・リンギ相場は4.14台で寄り付き、月初は4.15台でのもみ合いとなった。その後、米国が石油戦略備蓄の放出を検討すると発表。主要国も追随する構えを見せたことから、需要期の年末にかけ原油価格は高止まりするとの観測が後退した。この原油価…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

22年の新車市場60万台と予測 自動車協会、コロナ前の水準回復(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

入国後隔離5日に短縮、ブースター接種で(01/21)

新規感染3764人、累計282.1万人(01/21)

政策金利1.75%で据え置き、9会合連続(01/21)

RM1=27.3円、$1=RM4.19(20日)(01/21)

テクスケム、スシキン株を吉野家から取得(01/21)

メイド雇用の覚書で詰めの協議、インドネシアと(01/21)

証取、取締役会の独立性向上へ上場規則改定(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン