• 印刷する

斗山ロボ、無人カフェシステムを開発

斗山ロボティクスが開発した「モジュラーロボットカフェ」=韓国(同社提供)

斗山ロボティクスが開発した「モジュラーロボットカフェ」=韓国(同社提供)

韓国・斗山グループでロボット製造を手掛ける斗山ロボティクスが、無人ドリンク製造システム事業を展開するフレットロボティクスと業務提携し、無人ロボットカフェシステム「モジュラーロボットカフェ」を開発したと発表した。

同システムは、本体約3平方メートル(横1.8メートル×縦1.59メートル×高さ1.85メートル)の大きさで、ロボットが最高級のコーヒー豆を使用した15種のコーヒーと3種のドリンクを製造する。

アイスアメリカーノはわずか43秒でできるほか、泡立てたミルクの表面に絵を描く「ラテアート」も可能だという。

同システムを無人店舗に設置すれば、一般のカフェに比べ初期事業費や運営費も抑えることができる。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 食品・飲料その他製造IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本のレシピサイトを見…(01/19)

大手の会社分割に批判集中 投資価値低下、大統領選の争点に(01/19)

マレーシアRCEP発効へ、3月18日(01/19)

新規感染者4072人、死者45人増(01/19)

ブースター接種38.5万人増、接種率46.3%(01/19)

21年の車産業、生産と国内販売が減少(01/19)

アップルとサムスン、振興策で大規模生産(01/19)

現代自の中古車事業計画、政府が停止勧告(01/19)

ミニストップがロッテに売却か=現地紙(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン