【サムスン再編】ベトナム依存の解消へ サムスンがスマホ拠点再編(上)

韓国サムスン電子が、ベトナムに集中するスマートフォンの生産拠点の分散に乗り出したことが分かった。サプライチェーン(調達・供給網)上のリスク緩和や人件費などの生産コスト削減の狙いがある。分散先はインドとインドネシアが中心で、2026年にはインドを単一工場として最大拠…

関連国・地域: 韓国ベトナムシンガポールインドネシアインド
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者7630人、死者11人増(17:09)

ブースター接種25.8万人増、接種率49.2%(16:32)

「バイオ認証」で世界攻略へ シュプレマ「伸びしろ大きい」(01/21)

印に初の半導体工場設立を推進 ベダンタ、傘下の日系企業通じ(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

新規感染者6603人、死者28人増(01/21)

ブースター接種21.2万人増、接種率47.2%(01/21)

サムスンの21年輸出、16%増の655億ドル(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン