供給網混乱長引く恐れ、オミクロン株拡大で

中国証券大手の中信建投証券は2日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の出現によって、世界的なサプライチェーン(調達・供給網)の混乱が長引くとの懸念を示した。コンテナ輸送の需給の不均衡は2022年末まで続く確率が高く、新型コロナの再流行次第では、一層長…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:昨年コロナの影響で中止…(01/17)

オミクロン株の北京流入許す 五輪まで20日切り防疫措置徹底へ(01/17)

コロナ下で世界物流停滞、輸送費高騰(01/17)

21年の輸出額3割増、初の貿易額6兆米$超(01/17)

ポテト制限・飲料欠品、値上げ圧力一段と(01/17)

中西部と東北、産業移転の受け入れ態勢強化(01/17)

12月の新築価格、下落都市が8カ月ぶり減(01/17)

21年の中古車取引、23%増の1758万台(01/17)

石炭の供給能力と在庫維持、発改委(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン