台電、南港都市更新で正式契約=24年着工

公営の台湾電力(台電)は1日、台北市南港区にある自社用地を再開発する都市更新計画で、最優先候補者として選定していた台湾建設大手の冠徳建設と正式に契約を交わしたと発表した。2024年に複合型ビルの建設に着手し、29年末までの完成を目指す。 再開発を予定しているのは、台…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、23日は52人(17:37)

市中でクラスター多発なら第3級に、指揮官(20:34)

公共交通機関での飲食禁止に、コロナ対策で(14:51)

台北の円山大飯店、スタッフの感染確認(19:49)

高雄市、コロナ警戒第2級の防疫措置を強化(19:40)

高雄市、高校以下の冬休み活動を原則禁止(19:50)

パラオとのトラベルバブル、検疫措置を強化(20:20)

台北で2人の感染確認、耳鼻科や大学で接触(21:03)

新型コロナの域内感染、21日は23人(20:36)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン