渡航制限流れ止まらず、WHO勧告拘束力なく

【ジュネーブ共同】新型コロナウイルスのオミクロン株対策として各国で相次ぐ渡航制限について、世界保健機関(WHO)は11月30日に慎重な対応を求める勧告を出したが、措置実施の流れは止まらないとみられる。ウイルス検査の結果などに依拠せず、一律に特定国や国籍で入国を禁じ…

関連国・地域: 中国日本米国
関連業種: 医療・医薬品運輸政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

伊勢丹の東部カトン店、1月末に閉店(19:24)

日本製鉄がタイ電炉2社買収、最大869億円(18:51)

ロームの天津工場、稼働を一部再開(18:37)

テイクオフ:最も安全な国はどこか―…(01/21)

印に初の半導体工場設立を推進 ベダンタ、傘下の日系企業通じ(01/21)

【現場で語る2022年】ガス火力時代の商機つかむ 三菱パワー、再エネ蓄電も(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

物流大手トランコム、同業2社を買収(01/21)

双日が消費財卸に参入、新興企業に出資(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン