華南への海運支線航路、6週間の長期運休も

中国当局が新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に、春節(旧正月)休暇で中国本土に帰省する船員に厳しい強制検疫措置を取るため、香港から華南へのフィーダー(支線)航路は来年の春節(旧正月、来年は2月1日)前後の運休期間が少なくとも6週間に及ぶ見通しだ。サプライチ…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 医療・医薬品運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ハムスター感染で波紋 2千匹を殺処分、撤回求める声も(01/20)

東南アジアで「即配」攻勢 香港系ジーク、来年に上場計画(01/20)

新たに16人の感染確認、経路不明が2人(01/20)

美容施設など、ワクチンバブル導入求め声明(01/20)

マカオ政府、カジノ法改正案を立法会に提出(01/20)

ゲンティン香港、会社清算を申し立て(01/20)

12月の訪日香港人70人、3カ月連続で減少(01/20)

反発、ハンセン指数は0.1%高=香港株式(01/20)

招商銀系SPAC、香港取引所に上場申請(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン