• 印刷する

MRT第3期、JICAなど4機関が関心

インドネシア首都ジャカルタの都市高速鉄道(MRT)を運営する州営MRTジャカルタは、MRT第3期(東西線)工事への資金提供に国際協力機構(JICA)など4機関が関心を表明したことを明らかにした。1日付インベストール・デーリーが伝えた。

MRTジャカルタのウィリアム社長によると、第3期工事のパートナー候補であるJICA、アジア開発銀行(ADB)、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)、英国政府の4機関と接触した。ただ、調達方法については政府の決定待ちだと説明した。

MRT第3期は、西ジャワ州チカランとバンテン州バララジャを結ぶ総延長87キロメートル。このうちジャカルタ特別州内は、西ジャカルタ・カリデレス―東ジャカルタ・ウジュンメンテンの31キロ。運輸省は現在、カリデレス―ウジュンメンテン区間の基本設計作業を進めている。第3期の投資額は53兆ルピア(約4,190億円)と見積もられている。

■11月乗客数は32%増

MRTジャカルタは、11月の乗客数が延べ90万7,146人だったと発表した。1日平均は3万238人で、前月から32.4%増え、月別で今年最大となった。

11月の乗客増加は、ジャカルタ首都圏で同月2日から、新型コロナウイルス対策の活動制限(PPKM)が感染リスクが最も低い「レベル1」に下げられたため。11月の運行本数は7,274本で、定時運行率は99.99%だった。

同社はPPKM中、乗客に新型コロナのワクチン証明書の提示を義務付けている。また、乗客数を1両当たり65人までに制限している。

MRTジャカルタの11月の乗客数は、延べ90万7,146人、1日平均は3万238人だった(MRTジャカルタ提供)

MRTジャカルタの11月の乗客数は、延べ90万7,146人、1日平均は3万238人だった(MRTジャカルタ提供)


関連国・地域: 中国インドネシア日本欧州
関連業種: 金融建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシア人には「ま…(01/20)

東南アジアで「即配」攻勢 香港系ジーク、来年に上場計画(01/20)

植物由来食品の新興企業 創業8年で売り上げ10倍(01/20)

21年電動車販売3200台、EVは5倍以上に(01/20)

現代自、「アイオニック5」を現地生産へ(01/20)

首都圏LRT運賃引き上げ、事業費膨張で(01/20)

東南アの訪日客、21年はコロナ禍で94%減(01/20)

パプアLNG事業、12月に新トレーン稼働へ(01/20)

石油ガス上流、今年の投資目標132億ドル(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン