竜佰集団、河南にリチウムイオン電池材工場

二酸化チタンを主力製品とする化学品メーカー、竜佰集団(河南省焦作市)は11月30日、焦作市に35億元(約620億円)を投じてリチウムイオン電池の負極材料となるグラファイト生産工場を建設すると発表した。フル稼働後の年産能力は20万トン。 工場は全額出資子会社の河南佰利新能源…

関連国・地域: 中国-河南
関連業種: 自動車・二輪車化学その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ケッペルなど3社、東南アで再可エネ事業(18:09)

工業企業、21年は34%増益=石炭や石油好調(17:09)

ルアンナムターの中国国境、コロナで閉鎖(01/27)

テイクオフ:春節(旧正月)が迫って…(01/27)

日本の地方活性化を後押し JALが対中越境EC支援(上)(01/27)

政府「今年は減税に注力」、景気の回復図る(01/27)

プロトン、杭州アジア大会の公式車両に(01/27)

RCEPの指導意見、地方経済を発展へ(01/27)

IMF、中国のGDP予測を0.8P下方修正(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン