人権対応が企業に浸透せず、指針求める声

【共同】経済産業省が30日に公表した企業の人権問題に関するアンケート結果では、海外取引先の労働環境を調べたり、人権侵害を防いだりする「人権デューデリジェンス(DD)」が十分に浸透していない実態が浮き彫りになった。企業からは具体的な指針や情報提供を求める声が出てお…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

民主派政府、日本に承認要請 幹部が政変1年を前に訴え(01/26)

VPN利用で禁錮刑も、国軍がサイバー法案(01/26)

2月1日「沈黙スト」呼び掛け、政変1年で(01/26)

カレン勢力が近く総会、主戦派が主導権も(01/26)

中国、民主派政府に投資事業攻撃中止を要請(01/26)

軍トップが製鉄所稼働指示、鉄道枕木交換へ(01/26)

仏トタルのミャンマー撤退、当面は影響なし(01/26)

国軍縁者企業、タイで労働者関連事業を受注(01/26)

タイ北部に米国が新公館、周辺国情報を収集(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン