上海松江に人工衛星工場、23年稼働へ

上海市松江区でこのほど、人工衛星の生産などを手掛ける産業基地の建設が始まった。2023年にも生産を始める見通し。 同基地は松江区、上海市政府系投資会社の上海聯和投資、工業団地への投資や開発などを手掛ける上海臨港経済発展(集団)(臨港集団)が共同で建設。3期に分けて…

関連国・地域: 中国-上海
関連業種: その他製造建設・不動産IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:広州では今、昨年進出し…(01/26)

地方8割がGDP目標を達成 21年実績、今年は低めの設定に(01/26)

EV各社が保険業進出、狙うは3.6兆円市場(01/26)

21年の電話輸出、6.5兆円で過去最高(01/26)

コンテナ船運賃が過去最高、オミクロンで(01/26)

中国、民主派政府に投資事業攻撃中止を要請(01/26)

低所得者住宅の増設、今年の投資3400億元に(01/26)

国務院、省エネと排出削減に作業計画(01/26)

長江と黄河流域の都市建設、環境目標設定(01/26)

タイ北部に米国が新公館、周辺国情報を収集(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン