• 印刷する

テイクオフ:新型コロナ関連の規制緩…

新型コロナ関連の規制緩和が進み、消費活動が回復したことで食品をはじめモノの値段が上がり始めた。消費習慣の見直しや節約が重要になってきている。いつもスターバックスで買っていたコーヒーを安い店に変えたり、自宅で入れたコーヒーを水筒で持ち歩いたりするのもいい。

クリスマスの買い物はショッピングモールに出掛けず、オンラインでお得な商品を探すつもりだ。ただ、配送料が15リンギ(約400円)程度かかっては本末転倒。最寄りの店舗で商品を受け取ることができるサービスを選べばいいのだと気づき、早速試した。

だが、受け取りの店舗はモール内にあって、車で行かなければならない。さらに行動規制が緩やかになったことでモールは大混雑。節約のための妙案も、違う壁にぶつかった。配送料を安くしたり、受け取る店舗を増やしたり、配送システムの向上が必要だろう。(張)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジアの4Q旅客数、前年同期比2倍(01/28)

メニコン、クダ州に工場建設 178億円投資、海外販売強化へ(01/28)

新規感染5439人、48日ぶり5千人超(01/28)

東南アのネット販売業者、21年景況感は良好(01/28)

全成人に予約なしの追加接種、首都圏4会場(01/28)

RM1=27.4円、$1=RM4.20(27日)(01/28)

外国人労働者、9月末までビザの延長申請受付(01/28)

アイシティー、中国移動とスマートビル提携(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン