• 印刷する

テイクオフ:食にもトレンドがあるが…

食にもトレンドがあるが、タイで時代にかかわらず人気なのは「ビュッフェ(食べ放題)」だ。行動制限の緩和に伴いバンコクの町には活気が戻りつつあり、特に鍋料理や焼き肉の食べ放題の店は常ににぎわっている。

制限時間内に目いっぱい食べるため、食材を取りに行く係、飲み物を補充しに行く係、テーブルで調理する係といった具合に担当まで決めるなど、食べ放題を極めている人が少なくない。しかし最近では、新型コロナの感染予防のため、客が食材などを取りに行くスタイルから、その都度注文するスタイルに変更している店もある。制限時間に加え、「食べ放題」とうたいつつ注文の上限を設ける店も増えてきた。店の収益のことを考えると、致し方ないのかもしれない。

食べ放題を売りに集客を図る店と、店をつぶす勢いで食べる客――。食いしん坊が多いタイでは、永遠の課題だ。(ビ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「お客さん、そうじゃな…(01/17)

EV登録料を3年間ゼロに 3月適用、ビンファスト優遇(01/17)

22年の昇給率見通しは3.2% 21年実績3.4%から下落=NNA(01/17)

シティの4カ国リテール買収 UOB銀行、4千億円超で合意(01/17)

感染者8077人、死者は9人(16日)(01/17)

宅配フラッシュ、北部拠点のスーパーに窓口(01/17)

航空庁、変異株流行で航空会社の支援継続(01/17)

アマタ、ラオスで工業団地の開発認可取得(01/17)

住宅ランド&ハウス、今年は新規15件を開発(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン