最賃改定の波、下期も継続 計20地域、深センは北京超え

中国地方政府による最低賃金引き上げの波が下半期(7~12月)も続いている。今年に入り引き上げを発表した省・直轄市・自治区は今月26日時点で20地域となり、6月下旬時点から12地域増加。26日には域内総生産(GDP)が最も多い広東省が最賃の引き上げを発表し、同省深セン市の…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

市場監督管理を現代化、国務院が計画(01/28)

コロナ後の訪日需要も見据え JALが対中越境EC支援(下)(01/28)

メニコン、クダ州に工場建設 178億円投資、海外販売強化へ(01/28)

経済の中国傾斜が加速の懸念 国軍孤立化「頼る先」限られ(01/28)

大手不動産企業、資産売却の動き広がる(01/28)

工業企業、21年は34%増益=石炭や石油好調(01/28)

4Qのスマホシェア、アップルが過去最高(01/28)

ケッペルなど3社、東南アで再可エネ事業(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン