• 印刷する

ASEMにも不参加、ミャンマー国軍

ミャンマー国軍が、25日からオンラインで開催されているアジア欧州会議(ASEM)首脳会議に参加しないことが分かった。議長国であるカンボジアから、ミン・アウン・フライン総司令官の出席を認めないとする通達を受けたためだ。東南アジア諸国連合(ASEAN)関係者の話として、タイの英字紙バンコク・ポストが24日伝えた。

ASEMの首脳会議は2年に1回開催されており、日本も参加している。当初は、昨年11月にカンボジアの首都プノンペンでの開催が予定されていたが、コロナ禍で延期となり、今年7月になってオンラインで実施することが決まった。

ASEANの関係者は、ミャンマー国軍は主催者側から政治にかかわらない人物を代表として参加させるよう連絡を受けたと指摘。国軍側は、代表は送らず、会議を傍聴するだけにとどめると回答したという。

国軍は、10月末に開催されたASEAN首脳会議、11月の中国との特別首脳会議にも参加を拒否され、代表を送らず欠席していた。


関連国・地域: ミャンマー日本ASEAN欧州
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

越系モール、民主派ボイコットで店舗休業(09:10)

三井石油開発、ミャンマー沖鉱区権益譲渡へ(11/26)

陽性率、半年ぶりに2%未満に(11/26)

1~9月国境貿易32%増、輸出入とも2桁増(11/26)

中国向け輸出、前年比4%減 国境閉鎖でも国別シェアは拡大(11/26)

12日までの国境貿易、50%減の6.1億ドル(11/26)

ASEMにも不参加、ミャンマー国軍(11/26)

中国警戒で緊張も、ASEM首脳会議開幕(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン