• 印刷する

パナソニック、産業用IoT市場に進出

パナソニックは24日、クラウドをベースにした、産業用モノのインターネット(IoT)プラットフォーム「Miraie Profactory(ミライ プロファクトリー)」をインドで発表した。インドの製造現場のデジタルトランスフォーメーション(DX)を後押しする。

パナソニックが、インド発の新規事業創出を目指して開設したイノベーションセンターで独自に開発した。同プラットフォームは、さまざまな種類の機械やモデル、ブランドと互換性があるのが特長。IoTセンサーを通じてリアルタイムで収集したデータをクラウドに送り、分析することで生産ラインの最適化を図る。ミスや故障が起きやすい状況を事前に把握できるようになり、ダウンタイム(システムや機械などが停止する時間)の削減、保守コストの低減につながる。実証実験では、最大で15%の生産性向上が見込めることが明らかになったという。

パナソニックは、インドで第5世代(5G)の通信サービスが普及すれば、DXはさらに加速するとみている。

パナソニックは産業用プラットフォームを公開した(パナソニックインド提供)

パナソニックは産業用プラットフォームを公開した(パナソニックインド提供)


関連国・地域: インド日本
関連業種: 電機その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

二輪ロイヤル、タイでCKD生産を開始(11/26)

【スタートアップ大国】代替肉や卵の原材料を開発 プロイオン、植物で食感など再現(11/26)

パナソニック、産業用IoT市場に進出(11/26)

オージス総研、インドのIT企業に出資(11/26)

アウディがEV販売を強化、現地生産も検討(11/26)

商用車アショク、北東部の販売網を強化へ(11/26)

エイサーとディクソン、パソコン生産で提携(11/26)

農機キサン、南部AP州に耕運機工場(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン