大湾区就業計画、学卒者の5割「魅力不足」

中国広東省の珠江デルタ9市と香港、マカオから成る経済圏「粤港澳大湾区(グレーターベイエリア)」構想の一環として、広東省の都市などでの就職を支援する「大湾区青年就業計画」について、最終学歴が大学以上の学卒者の半数近くが同制度に関し魅力不足であると感じていることが…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

日系企業の業績改善続く 21年下半期、見通しは下振れ(01/26)

3日連続で感染者100人超え、域内は93人(01/26)

葵涌の住宅封鎖拡大、営業制限は延長か(01/26)

「外資に撤退の兆しはない」、投資促進署(01/26)

金融業界、外国人人材の流出が加速へ(01/26)

続落、ハンセン指数は1.7%安=香港株式(01/26)

飲食業500店閉店も、営業制限継続で3月に(01/26)

途虎養車が香港上場を申請、4億米ドル調達(01/26)

メイバンク、ゲンティン香港清算の影響否定(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン