工業用地リース料、上期は伸び率鈍化

不動産サービス大手のサヴィルズ・ベトナムの調査によると、ベトナムの2021年上半期(1~6月)の工業用地のリース料は過去3年と比べて伸び率が鈍化した。新型コロナウイルスの流行を受けた入国規制の強化により、中国からの拠点移転の動きにブレーキが掛かったのが理由とみられ…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: その他製造建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

【現場で語る2022年】LNG・洋上風力事業に照準 商船三井、収益安定化へ領域拡大(01/26)

越のエネルギー転換促進を、国際会議開催(01/26)

韓国SK、ベトナム太陽光事業で合弁(01/26)

21年の電話輸出、6.5兆円で過去最高(01/26)

ガソリン貯蔵施設や専用港が着工、ハウザン省(01/26)

ハイフォン市が投資5件認可、電子や物流(01/26)

今年のゴム輸出、35億ドルに拡大予想(01/26)

不動産ノバ、ゼネコン「ノバE&C」を設立(01/26)

バンプー、越の太陽光発電所2カ所を買収(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン