住宅賃料が高騰の恐れ、入国規制緩和で

オーストラリアの不動産業界で、住宅賃料が高騰する懸念が浮上している。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による入国・入境規制が緩和されることで、移民や留学生が増え、国内移住が再び活発化するとみられることから、住宅供給が不十分な主要都市で住宅賃料が急…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:長野県の郷土料理に、鞍…(01/25)

鹿島傘下、豪NZで5億$開発 日本の豪不動産投資は急回復へ(01/25)

豪の住宅競売率、従来鈍化の1月も勢い続く(01/25)

(表)新型コロナウイルス感染者数(24日)(01/25)

豪家計支出、オミクロン株収束後には回復か(01/25)

【日本の税務】現地スタッフ採用時の文化的配慮について(01/25)

NSWへのオミクロン株打撃、35億$以上か(01/25)

RATの無料配布開始、薬局では品不足が問題(01/25)

「豪への渡航自粛を」、感染増加で米欧が指定(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン