• 印刷する

【21年の10大ニュース】6%以上の成長掲げアクセル

新型コロナウイルスの感染第4波に翻弄(ほんろう)された2021年が終わる。7月から約4カ月続いたロックダウン(都市封鎖)と製造業の厳しい操業規制でサプライチェーン(調達・供給網)寸断の危機を目の当たりしたベトナム政府は、コロナと共存する「ウィズコロナ」政策にかじを切った。後戻りはしないだろう。22年1月からは国際航空定期旅客便の段階的な再開で人の往来が戻ってくる。政府は6%以上の成長率達成に向けて経済正常化のアクセルを踏む。ファム・ミン・チン首相は50年に温室効果ガスの排出を実質ゼロにする「カーボンニュートラル(炭素中立)」を宣言し、高い成長目標を掲げながら経済構造のグリーン化を進める難路に踏み込んだ。22年は「脱炭素エネルギー」に向けた官民の動きも焦点になる。

ベトナム・ホーチミン市では今も多くの新型コロナウイルス感染者が記録されている。「ウィズコロナ」を前提にした経済の正常化に向け手探りが続く(同市1区)

ベトナム・ホーチミン市では今も多くの新型コロナウイルス感染者が記録されている。「ウィズコロナ」を前提にした経済の正常化に向け手探りが続く(同市1区)

【第1位】初のマイナス成長、政府に衝撃

【第2位】南部中心に「工場隔離」、調達網寸断の危機

【第3位】4波の感染100万人超え、ワクチン確保急ぐ

【第4位】ビンがEV一貫工場計画、投資額1兆円超

【第5位】ベトナム初の都市鉄道が開通、ハノイ

【第6位】外国人観光、1年8カ月ぶり再開

【第7位】再生エネさらに積み増しへ、新電力計画

【第8位】米、為替操作国認定を見送り

【第9位】チョン書記長3選、チン首相体制スタート

【第10位】風力発電のFIT終了、太陽光含め入札制に

【番外編】外国人への労働許可厳格化で波紋


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

新規感染1239人、前日から36人減(05/27)

5月前半は貿易赤字27億ドル 月間で過去最大か、資源高響く(05/27)

アップルのイヤホン、ベトナムに生産移管か(05/27)

地場企業のデジタル化、サムスン支援で始動(05/27)

初のグリーン水素工場が6月着工、地場企業(05/27)

訪日観光6月10日解禁、ツアー客から(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン