看護師などの比候補生、日本語研修を開始

国際交流基金マニラ日本文化センターは24日、日比両国間の経済連携協定(EPA)に基づき看護師や介護福祉士として日本で働くことを目指すフィリピン人候補生の研修開講式をオンラインで開いた。第14陣となる候補者は計250人で、約半年間の研修を経て、来年にも日本に出発する。 …

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

21年GDP、2年ぶりプラス 5.6%増、コロナ前水準ほぼ回復(15:59)

オミクロン株、新たに618人感染(15:27)

21年GDP5.6%増、2年ぶりプラス(12:28)

東南アのネット販売業者、21年景況感は良好(16:07)

テイクオフ:定点観察は物事の変化を…(01/27)

22年昇給率、4.3%に縮小 コロナ禍で日系企業、NNA調査(01/27)

新型コロナ、新たに1万5789人感染(01/27)

腐敗認識ランク、東南ア5カ国で順位低下(01/27)

オミクロン株の死者計5人に、保健省(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン