• 印刷する

テイクオフ:当地に来てすぐのころ、…

当地に来てすぐのころ、魚は基本的に日系スーパーで購入していた。現地のスーパーでは日本であまり見ない種類のものばかりが並んでいて、調理方法に自信がなかったからだ。だが一度、レシピも見ずに何となく調理してみたら、案外おいしくできたことをきっかけに、ローカルの店舗でも頻繁に購入するようになった。

最近のお気に入りは「レッド・スナッパー」で、いつも自宅から数駅先のシーフード専門店で購入する。鯛のなかまのようで、角度によって赤色や金色に見える光沢のある見た目が特徴だ。みそ煮込みにするほか、シンプルに塩焼きにするのもいい。

大型スーパーで購入できる「バラマンディー」もおすすめだ。身がしっかりしていて、食べ応えがある。オーストラリアなどでよく食べられている魚のようだ。今後も新しい食べ物に挑戦して、現地での生活を楽しみたい。(真)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日立金属、科技研の共同研究に7億追加投資(13:55)

テイクオフ:にわかに注目を集めてい…(12/06)

アフリカ10カ国から渡航禁止 オミクロン警戒、検査体制も強化(12/06)

10月の小売業売上高、2カ月連続プラス(12/06)

高リスク12カ国追加、乗り継ぎ客の検査強化(12/06)

11月の製造業PMI、好況水準も軟調傾向(12/06)

住宅地の廃棄物ゼロ計画、与党が発表(12/06)

セムマリン、排出ゼロタンカーの設計受注(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン