• 印刷する

東元、インドネシアなどのEV市場に進出へ

台湾電機大手の東元電機(TECO・エレクトリック・アンド・マシーナリー)はこのほど、トルコとインドネシアの電気自動車(EV)市場に進出する意向を明らかにした。中央通信社が伝えた。

連昭志総経理は12日の業績説明会で、インド工場ではEVの動力システムを既に受注しており、2022年には量産体制に入る可能性を表明。その上で、インド工場の運営経験を生かし、トルコとインドネシアのEV市場にも進出する計画を進めていると明かした。

東元電機は10月、台北市で開かれた展示会で自社開発した最新のEV動力システムを公開した。早ければ22年第1四半期(1~3月)に量産するとしている。


関連国・地域: 台湾インドネシア中東
関連業種: 自動車・二輪車電機

その他記事

すべての文頭を開く

高雄市、高校以下の冬休み活動を原則禁止(17:25)

高雄市、コロナ警戒第2級の防疫措置を強化(18:45)

パラオとのトラベルバブル、検疫措置を強化(13:27)

新型コロナの域内感染、21日は23人(16:51)

台北で2人の感染確認、耳鼻科や大学で接触(12:31)

21年の輸出受注額が過去最高 6千億米$突破、電子製品けん引(01/21)

印に初の半導体工場設立を推進 ベダンタ、傘下の日系企業通じ(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

新型コロナの域内感染、20日は13人(01/21)

高雄でも感染者、家族3人の感染源不明(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン