• 印刷する

感染者7592人、死者は過去4カ月で最少(8日)

タイ政府の新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は8日、新型コロナの感染者が新たに7,592人確認されたと発表した。前日から368人減少し、2日連続で8,000人を下回った。このうち市中感染者は6,871人。死者は39人と、6月30日以降で最少となった。

感染者のうち、6,743人が医療機関の検査で、128人が積極的疫学調査で、711人が刑務所・拘置所で確認された。それ以外の10人は海外からの帰国・入国者だった。

市中感染者を地域別にみると、首都バンコクが865人で最多。2日ぶりに800人を超えた。以下、南部ソンクラー県が462人、北部チェンマイ県が429人、深南部パッタニ県が406人、南部ナコンシータマラート県が372人で続いた。

死者は25~90歳の男性24人、女性15人。ドイツ人1人が含まれていた。地域別では、深南部ヤラー県が5人、南部サトゥン県と東部プラチンブリ県が各3人など。バンコクは2人だった。

累計の感染者は197万5,591人、回復者は前日から7,495人増えて185万7,463人。死者は1万9,703人となった。

7日には7万6,492人が1回目のワクチン接種を、19万3,257人が2回目の接種を完了。8,310人が3回目となるブースター(追加)接種を受けた。累計の接種回数は8,049万9,612回となった。


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:赤地に黄色い一つ星の国…(01/27)

環境都市、各地が開発目指す チョンブリ県では5Gの実証実験(01/27)

新規感染者7587人、首都は1683人(26日)(01/27)

プーケット高速道、土地収用の法令案承認(01/27)

腐敗認識ランク、東南ア5カ国で順位低下(01/27)

首都の新ターミナル駅商業開発、来月に入札(01/27)

鉄鋼タタ、22年3月期の販売量2%増見通し(01/27)

21年4Qの首都圏地価、鉄道沿線で上昇続く(01/27)

ガルフ、中国企業とラオスで水力発電所開発(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン