ボケオ県警察、覚醒剤の錠剤600万錠を押収

ラオス北部ボケオ県の警察は25日、同県トンペウン地区で覚醒剤の一種であるアンフェタミンの錠剤600万錠を押収した。ビエンチャン・タイムズ(電子版)などが伝えた。 ボケオ県警察は、トンペウン地区からフアイサイ地区に大量の薬物が輸送されるとの地元住民からの情報を受け、2…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ対策委、新変異株への警戒呼び掛け(12/01)

26~30日はコロナ感染6416人、死者27人(12/01)

暗号通貨の取引停止、中銀がプーシーに指示(11/30)

【ラオス経済通信】中老鉄路の開通準備が大詰め 第167回(11/30)

ラオス―ゲアン省間の送電網、建設開始(11/30)

周辺国から労働者40万人受入れ、政府が計画(11/30)

11月外国人旅行者数、観光再開で4波後最多(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン