半導体不足が業績に打撃 マルチスズキ、7~9月65%減益

インドの乗用車最大手マルチ・スズキは、半導体不足や原材料価格の上昇に苦しんでいる。バルガバ会長は27日の決算説明会で「予想外の半導体不足により11万6,000台が生産できなかった」と、影響の大きさを強調した。鉄鋼や貴金属など原材料価格の高騰によるコスト増で、2021/22年度…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「建設活動を続けること…(12/06)

オミクロン株、感染相次ぐ デリーなど各地政府が発表(12/06)

ホンダが新会社、電動三輪バッテリーシェア(12/06)

二輪ヒーロー、ブエノスアイレスに旗艦店(12/06)

ワッツアップでウーバー予約可能に、世界初(12/06)

L&T、地場再エネ大手と水素事業で提携(12/06)

L&T、建機アタッチメントの独社と提携(12/06)

英国の開発金融、インドで最大30億ドル投資(12/06)

アジア開銀、学校教育の改善に5億ドル(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン