• 印刷する

テイクオフ:「3回目どころか、1回…

「3回目どころか、1回も打ってないよ」。中国で高齢者や医療関係者を対象に新型コロナウイルスワクチンのブースター接種が広がり始める中、60歳を超えている社用車の運転手に接種するのか聞くと、予想外の答えが返ってきた。

接種しない理由は「自分みたいな老人は、打っても打たなくても同じだから」と豪快に笑う。効果に疑問も感じているようで、「接種済みの人たちの間でクラスターが起きたこともあった」と言う。別の中国人の知人も「打たなくても生活に支障はない」と1回も接種していないという。

中国では昨年末に国産ワクチンの接種が本格化し、接種率は既に8割を超えた。集団免疫の獲得に必要とする水準に達したが、公共の場ではマスクが手放せず、最近は感染の再流行にも懸念が高まっている。ワクチン接種と感染を繰り返しながら、終息に近づいているのだと信じたい。(佳)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中老鉄路が開通、課題山積み 式典には中国国家主席も(12/06)

テイクオフ:クラスの男子から私のこ…(12/06)

香港は共産党の指導尊重を 政官界から大合唱、憲法記念日(12/06)

内モンゴル中心にコロナ再燃 350人突破、広州には別の感染源(12/06)

政協経済委幹部、来年5%以上の成長目指す(12/06)

サービス業許認可を透明化、WTO有志国(12/06)

工業グリーン化で5カ年計画、脱炭素後押し(12/06)

財新サービス業PMI、11月は小幅下落(12/06)

ホンダの新車販売、11月は20%減の13.7万台(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン