• 印刷する

豪3QのCPI、コアインフレ率が目標値内に

豪政府統計局(ABS)が27日に発表した2021年第3四半期(7~9月)のオーストラリアの消費者物価指数(CPI)は、前年同期比で3%上昇した。総合品目から価格変動の大きい品目を除いたコアインフレ率(トリム平均値)は2.1%上昇で、2015年9月以降で初めてオーストラリア連邦準備銀行(RBA)が目標とする2~3%の範囲内に収まった。RBAは24年まで政策金利を0.1%で据え置くとしているものの、市場は今回の結果などにより予定より早く利上げに入る可能性もあるとみている。

前期比では燃油(7.1%上昇)や新築の居住用住宅(3.3%上昇)などの価格が上昇し、全体は0.8%上昇となった。住宅部門は、建材がサプライチェーン(調達・供給網)の問題で値上がりし、建設活動も活発化したことでコストが増加した。

項目別では、◇住宅:前期比1.7%上昇(前年同期比1.6%上昇)◇交通:3.2%上昇(10.4%上昇)◇保健医療:横ばい(4.9%上昇)◇食料品・非アルコール飲料:0.3%上昇(1.3%上昇)◇衣類・履物:3.8%下落(3.9%下落)◇保険・金融サービス:0.6%上昇(1.1%上昇)◇教育:0.1%上昇(1.7%上昇)◇娯楽・文化:0.9%上昇(2.3%上昇)◇家具・住宅設備・住宅サービス:1.6%上昇(6%上昇)◇酒類・たばこ:0.5%下落(4.4%上昇)◇通信:0.5%下落(1%下落)――などとなった。

■都市封鎖で衣類価格が下落

衣類の場合、新型コロナウイルスの感染流行によるロックダウン(都市封鎖)で外出する機会が減ったことなどから冬物の在庫が増えたことで、小売企業が同期に値引き販売を実施したことなどから、価格が前期比5.5%下落したという。

一方、主要都市別のインフレ率は、◇シドニー:0.7%上昇(2.9%上昇)◇メルボルン:0.8%上昇(2.9%上昇)◇ブリスベン:1.3%上昇(3.9%上昇)◇アデレード:0.7%上昇(2.5%上昇)◇パース:0.8%上昇(3.2%上昇)◇ホバート:0.3%上昇(3%上昇)◇ダーウィン:1.5%上昇(5.9%上昇)◇キャンベラ:1.3%上昇(3.7%上昇)――となった。

■利上げ判断には時期尚早?

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)は、今回のコアインフレ率を注視し、RBAへの利上げ圧力が高まったとした。

一方、オンライン証券コモンウェルス・セキュリティーズ(コムセック)のクレイグ・ジェームズ主席エコノミストは、RBAが現状方針を見直すには、コアインフレ率が2~3四半期連続で目標値に入らなければ難しいとし、利上げ圧力が高まったと考えるのは時期尚早だと述べた。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末に地方選挙が行われ…(12/06)

追加接種低率なら都市封鎖も 5州政府が表明、新変異株で(12/06)

NSWとNTからの日本入国、隔離規制を維持(12/06)

豪11月新車販売は低水準、NZは過去最高に(12/06)

政府の無形資産の早期償却案、1.7億$節税へ(12/06)

ウールワース、薬局APIに買収案で火花(12/06)

〔政治スポットライト〕豪屈服させる中国の戦略は「失敗」=米高官(12/06)

インフラ諮問委に問題、改善急務=専門家(12/06)

ディーゼル添加剤不足、供給網の混乱悪化も(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン