サムスントップに罰金刑、鎮静剤違法投薬

【ソウル共同】韓国のソウル中央地裁は26日、鎮静剤プロポフォールの投薬を違法に繰り返し受けたとして麻薬類管理法違反の罪に問われたサムスングループの経営トップ、李在鎔被告に求刑通り罰金7,000万ウォン(約680万円)などの判決を言い渡した。李被告はこれまでの公判で起訴内…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

感染者5128人、オミクロン3人増(14:14)

ワクチン完了5.3万人増、接種率80.5%(14:14)

私的な集まりの人数制限強化、感染抑制へ(12/03)

11月の韓国車販売15%減 半導体不足で、変異株の行方が鍵(12/03)

新規感染者5266人、過去最多を更新(12/03)

ワクチン完了6.5万人増、接種率8割超(12/03)

18~49歳の追加接種、4日から実施へ(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン