シンガポール社、軍レーダー技術開発に協力

人権団体「ジャスティス・フォー・ミャンマー(JFM)」は25日、シンガポール企業TBSSグループが、ミャンマー国軍のレーダー技術の開発に関わっていると明らかにした。TBSSグループを運営するリ・カーヘン氏は、国軍の技術専門学校(DSTA)などが26~27日に開く会合…

関連国・地域: ミャンマーシンガポール
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

米次官補アジア4カ国歴訪、ミャンマー情勢協議へ(11/28)

ミャンマー暴力停止要求、米英など共同声明(11/28)

越系モール、民主派ボイコットで店舗休業(11/27)

三井石油開発、ミャンマー沖鉱区権益譲渡へ(11/26)

陽性率、半年ぶりに2%未満に(11/28)

1~9月国境貿易32%増、輸出入とも2桁増(11/29)

中国向け輸出、前年比4%減 国境閉鎖でも国別シェアは拡大(11/26)

12日までの国境貿易、50%減の6.1億ドル(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン