• 印刷する

テイクオフ:月曜は美容院、火曜はシ…

月曜は美容院、火曜はショッピング、水曜はパブで一杯――。地元紙の報道によると、シドニーでワクチン接種完了者向けに規制が緩和された今月11日からの1週間、通称「フリーダムウイーク」の幕開けは、そんな過ごし方が主流だったようだ。

特に衣料品店での支出は都市封鎖期間と比較し、72%も増加したという。オンライン販売が普及しても、実店舗を好む人はまだ多いことが分かる。

筆者もその1人で、洋服は実際に試着しないと購入する気がしない。封鎖中に、海外ファッションチェーンのウェブサイトを何度も見て回っては買い物リストを作成し、準備万端で街に繰り出すと、なんと店舗は工事中だった。封鎖中に作業を終わらせ、フリーダムウイークに合わせて新装開店!とはならずにマイペースなところがオーストラリアなのだと、落胆する自分に言い聞かせた。(岩下)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

オクバウ金鉱、累計採掘量が1トン突破(11/29)

テイクオフ:11月26日のブラック…(11/29)

南アからの入国、豪NZが禁止 全接種者の隔離免除も中止(11/29)

連邦が留学産業10年戦略、不足技能に重点(11/29)

10月の雇用件数3.1%増、封鎖解除で急回復(11/29)

豪10月小売売上高4.9%増、勢いほぼ取り戻す(11/29)

小売コーガン、自社宅配サービスを開始(11/29)

任天堂など、豪ブラックフライデーで好調(11/29)

フェデックスのスト、大型商戦の配達に影響か(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン