台北港にスマート車両園区、東立物流が開発

台湾の主要港湾業務を統括する台湾港務(TIPC)は21日、新北市の台北港でのスマート車両産業園区の設置に向け、完成車物流事業を手掛ける台湾の東立物流と契約を締結した。同園区では、スマート車両の輸出入だけでなく、自動運転車や電気自動車(EV)の応用も進める。2025年…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産運輸IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾の火鍋店では「沙茶…(11/30)

エネルギー消費、最高更新へ 生産活動正常化で、供給量も回復(11/30)

全世界の外国人入国禁止、日本人一律14日間待機(11/30)

コロナ警戒第2級、来月13日まで延長(11/30)

アジア各国に不安と失望、日本の外国人入国禁止(11/30)

重点高リスク国に4カ国追加、水際強化で(11/30)

3回目接種、65歳以上や医療従事者に実施へ(11/30)

新型コロナの域内感染、24日連続ゼロ(11/30)

力積電の銅鑼園区工場、環境アセス初審通過(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン