首都の商業施設、ワクチン証明書の運用開始

カンボジアの首都プノンペンの商業施設で、新型コロナウイルスワクチンの接種証明の提示を求める動きが本格化してきた。当局の方針に沿ったもので、飲食店は「従業員と顧客の安全確保につながる」として歓迎している。クメール・タイムズ(電子版)などが19日に伝えた。 カード状…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

タイエアアジア、12月にカンボジア便再開へ(11/30)

入国規制の早期緩和、ベトナムと協議(11/30)

上半期の海外直接投資、中国が全体の4割強(11/30)

周辺国から労働者40万人受入れ、政府が計画(11/30)

オクバウ金鉱、累計採掘量が1トン突破(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン