• 印刷する

テイクオフ:新型コロナの流行は、わ…

新型コロナの流行は、われわれの生活に多くの変化をもたらした。仕事面では在宅勤務が普及し、取材や会見、セミナーはオンラインに切り替わった。いまだに対面の方がスムーズだと感じることはあるが、「ニューノーマル(新常態)」に慣れつつある。

身近なところで変わったことといえば、紙の消費量だ。これまで統計データや報告書などの参考資料は印刷して使っていたが、プリンターがない自宅で仕事をするようになってからというもの、パソコンの画面上で見ることに慣れてしまった。最初こそ不便だと感じたものの、慣れてしまえば、コスト削減や資源の節約につながり、メリットは大きい。

一方、タイでは「サイン文化」が根強く残っている。サイン権を持つ方々は、日々実感されていることだろう。新常態に移行しつつある中でも、ペーパーレス化が進むにはまだ時間がかかりそうだ。(香)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイで長年にわたって解…(12/08)

上場企業は6分野で増収増益 1~9月、コロナへの対応力改善(12/08)

王子HD、板紙の新ライン稼働 年産能力2.5倍に、東南ア・印向け(12/08)

SET上場企業の21年1~9月期決算(表)(12/08)

【月次リポート】自動車ニュース(21年11月) 40年のZEV化、日本は参加せず(12/08)

感染者3525人、5カ月ぶり3千人台(7日)(12/08)

ボルボ、大衆向けEV市場環境の整備を訴え(12/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン