• 印刷する

林鄭行政長官が骨折、公邸で転倒

香港政府は19日、政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が右肘を骨折し、公務を一時休むと発表した。18日夜に香港島・中環(セントラル)の香港礼賓府(行政長官公邸)で転倒したもので、骨折の度合いは「軽度」としている。

林鄭氏が休暇中の行政長官職務は李家超(ジョン・リー)政務長官が代行する。19日に予定されていた行政会議(行政長官の諮問機関で事実上の閣議に相当)と林鄭氏の定例会見は中止になった。

香港メディアによると、林鄭氏は香港島・薄扶林の公立病院、瑪麗医院(クイーンメリー病院)で治療を受け、19日午前9時ごろに右腕をつって固定した姿で病院を後にした。迎えの車には自ら歩いて乗り込み、集まった記者団に左手を振ったり会釈をしたりする余裕もあった。


関連国・地域: 香港
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

航空6社、12月からの国際線運航再開を申請(12/02)

テイクオフ:先日、香港では珍しい日…(12/02)

日本を高リスク国に指定 3日から、非居民は入境禁止(12/02)

オミクロン4例目、ナイジェリアに滞在歴(12/02)

国際線の新規予約停止、国交省要請(12/02)

香港大がオミクロン株分離、ワクチン開発へ(12/02)

ビオンテック製、民間病院でも接種可能に(12/02)

華南への海運支線航路、6週間の長期運休も(12/02)

10月の小売売上高12%増、9カ月連続プラス(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン